ベルタシャンプーとトリートメントで艷やかな黒髪を取り戻そう

ヘアカラーで傷んでしまった髪は、黒髪に戻ってからも艶がなく枝毛や切れ毛に悩まされるようになっていました。
何とかしなければとダメージケアに特化したトリートメントを使ったものの改善しなかったので、思い切ってボタニカル成分に切り替えることにしたわけです。

アミノ酸シャンプーで洗い過ぎを止める

ダメージケアと書いてあれば良いと思っていましたが、艷やかな黒髪をしている友人が使っていたのはノンシリコンのアミノ酸シャンプーとトリートメントでした。
ノンシリコンならば良いと勘違いして使ってみたものの、どうやらアミノ酸シャンプーを使うべきだったようです。
悩んでいる時に出会ったのが、ベルタシャンプーとトリートメントでした。

表面のダメージケアをしても本質的な改善にならない

ダメージケアシャンプーを使っている人の中には、シリコンによりコーティングを行えば問題ないと考えている人が少なくありません。
しかし、本質的な部分を改善しない限りは、髪質が元に戻ることはありません。

  • 洗浄力が強すぎる高級アルコール系シャンプーの使用
  • シリコンによる髪のコーティング
  • カラーリングによる髪への蓄積ダメージ

これら3つ全てが髪へのダメージとなっていたわけです。

ベルタシャンプーとトリートメントなら優しい洗い上がり

アミノ酸成分かつノンシリコンのシャンプーとトリートメントを使用すると、髪と頭皮の健康を保つために必要な皮脂は適度に残しつつ洗い上げます。
タンパク質分解作用を持つ成分を含む自然素材を配合することで、肌のターンオーバーが不十分なために残ってしまった古い角質を除去するわけです。
肌のターンオーバーが正常に戻れば、頭皮が健康的になるので毛母細胞が活性化して髪質も良くなります。

ベルタシャンプーはアミノ酸シャンプーなのに泡がきめ細かい

アミノ酸シャンプーを使用した時に感じるゴワゴワ感は、ベルタシャンプーでは一切感じなかったので最初に使った時には驚きました。
なぜベルタシャンプーはゴワゴワ感が発生しないのか最初は分かりませんでしたが、泡がきめ細かく立つことで汚れだけをしっかり流すことが分かりました。

37種類のボタニカル成分に酵素を配合して、肌と髪のキューティクルを傷めないようになっています。
更に保湿力を持っているために、トリートメント前の状態でも髪の水分量が確保されている状態です。

ベルタトリートメントもノンシリコンでありながら、15種類者ボタニカル成分を配合していて、29種類の毛髪ケア成分で髪をしっとりさせます。

まとめ

豊富なボタニカル成分をアミノ酸シャンプーかつノンシリコンの状態で配合しているベルタシャンプーは、優しい洗い上がりが特徴です。
ベルタトリートメントまでノンシリコンとなっているので、使い続けることで髪と頭皮に低刺激で保湿力が高く健康な髪が育つ頭皮になります。

ベルタシャンプー 口コミもチェックしてみてくださいね!